NEWS

2018.07.14

睡眠の質を向上させる習慣づくり【寝る前編】|浜田山エステとうとがなし

2018.07.14

こんにちは、浜田山エステとうとがなしの重田です(^^♪
 
これまで、脳疲労改善のための原因と対策を何度かお伝えしてきましたが、今回はその前段階である、
 
日常生活でスムーズに入眠するための習慣づくりに役立つ方法をご紹介させていただきます(^^)
 
本日はその中の【就寝前の緊張をほぐし、リラックス状態にする方法5つ】をお伝えいたします。
 
 

1. 睡眠の質を向上!翌日の朝を快適に迎える方法5選

 
 

お風呂につかるのは○○分!お湯の温度も大切

 

 
深く質の良い睡眠をとるためには、まず自律神経をしっかり休めてあげることが必要です。
 
できるだけ眠る1時間~2時間前に入り、湯船の温度は約38℃~40℃くらいの温度に10分程度浸かることが理想的です。
 
〈ここに注意!〉
 
長く浸かって汗をかくような半身浴は、逆に内臓や自律神経に負担をかけてしまうのでNG。

 
ゆっくり眠りたい時は上記のような入浴方法を試してみてくださいね(^^)
 
 

眠る前にリラックス。神経を休める飲み物

 

 
ノンカフェインのハーブティがおすすめです。特に、カモミールやラベンダーティは神経の昂りを沈めてリラックスさせてくれる効果がございます。
 
眠る前のリラックスタイムに、ティーカップ1杯程度を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
〈ここに注意!〉
 
カフェインの含まれるコーヒー・紅茶・煎茶や、カフェインの含まれる栄養ドリンクなどは脳を覚醒してしまう作用があるため、睡眠でお悩みの方は絶対にやめましょう。
 
 

リラックス効果増大!心地よい明り

 

 
体内のリズム調整に大切な光は、深い眠りに入る準備としてとても大切。
 
室内を薄暗く、何かが見える程度になるような間接照明は深い眠りへ誘いやすくなります。
 
〈ここに注意!〉
 
眠る1時間前からスマートフォンなどは見ないように、ということは常識になりつつありますが、
 
明るいブルー系の光は神経を高ぶらせてしまう傾向がありますので、なるべく控えるようにしましょう。
 
 

服装にもリラックス効果♪寝返りを打ちやすいパジャマ

 

 
睡眠中は寝返りを打つため、できれば動きやすい綿100%のパジャマを着ることがおすすめ。
 
普段着からパジャマへ着替えることで、脳が眠りに入るスイッチの作用にもなります。
 
〈ここに注意!〉
 
一見動きやすそうに見えるスウェットなどの普段着ですが、実は意外と寝返りには不向きです。
 
寝返りが打ちにくいと逆に疲労が蓄積してしまいますので、なるべく専用のパジャマを用意しましょう。
 
 

快適な部屋の温度

 

 
深い眠りのための快適な温度は、夏:25~27℃ 冬:14~20℃と言われています。
 
クーラーや暖房器具は体に良くないと思われがちですが、直接風が当たらないようにするなど、上手に活用して快適な睡眠生活を送りましょう。
 
〈ここに注意!〉
 
最近は熱帯夜になる日も多く、30℃近くになってしまうことも多くあります。
 
体に悪いからとクーラーを我慢して熱中症になってしまう方もいらっしゃるため、夏場は特に気をつけましょう。
 
 

2. さいごに

 
いかがでしたでしょうか。
 
日常生活の中のふとした瞬間を工夫し、眠る準備を整えることによって脳が休まりやすい状態をつくることができます。
 
今回ご紹介した全てを意識することは難しいかもしれませんが、1つずつ習慣化させていくことによって深く質の良い睡眠につながりますので、ぜひ出来そうなことから習慣づけていきましょう(^^♪
 
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます(^^♪
 
今後とも、浜田山エステサロンとうとがなしを宜しくお願い申し上げます。
 
 

3. LINE@のご登録で、ドライヘッドスパを20分プレゼント

 
ご登録は簡単です(^^)
 
1. 下記「友だち追加」ボタンをクリックして、友達登録をお願いします♪
 
2. LINE@から予約メッセージで頂ければ、ご返信させて頂きます♪
 
3. 来店後は20分のドライヘッドスパをお楽しみください(^^)
 
友だち追加
 
※20分サービスは、メニューとの組み合わせのみとさせて頂きます。
 
 

4. おすすめの関連記事

とうとがなし独自のドライヘッドスパとは?

良質な睡眠が首肩こりを改善させる事をご存知ですか?続編

睡眠の質を変える【4-6-11の法則】

睡眠の質を向上させる習慣づくり【目覚め編】

 

この記事を書いた人

重田 梨子

これまで1000人以上の脳疲労に向き合ってきた杉並区唯一の認定ヘッドマイスター。技術に疲労回復理論を融合する事で、とうとがなしでしか受けられないドライヘッドスパに進化させるなど、常に最大の効果をお客様に提供する事を目指しています。


Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります。無断使用転載はご遠慮ください。

ご予約はこちらご予約はこちら
【年末年始休業のご案内】
12/30(日)〜1/7(月)までは年末年始休業とさせていただきます。
新年は1/8(火)より営業いたします。