トップ > おすすめ記事 > お知らせ > 緊張型頭痛に効果的な4つのツボ

NEWS

緊張型頭痛に効果的な4つのツボ

こんにちは、とうとがなしの重田です(^^)
 
本日は、日常生活に取り入れやすい、緊張型頭痛に効果的な4つのツボをご紹介いたします。
簡単なので、是非生活の一部に取り入れてみてください。
 
緊張型頭痛についてはこちらから → 緊張型頭痛の原因とドライヘッドスパが効果的な理由
 
・百会(ひゃくえ)
両耳を繋いだラインと鼻筋から伸びたラインが交差する、頭頂部にあるツボが「百会」です。
耳に親指を入れながら頭を両手の平で包もうとしたとき、ちょうど中指がぶつかる位置。
頭部の血流を促進して、頭痛をやわらげ不眠や自律神経を整えるのにおすすめです。
 
・天柱(てんちゅう)
首の後ろで髪の生え際辺りにあるのが「天柱」です。
頭を後ろに倒したときの首と頭の境目、かつ2本の筋肉の間にあります。
ツボに対して指先が垂直になるようにあてることがポイントです。
頭全体が重だるいような慢性的な痛みにおすすめです。
 
・肩井(けんせい)
首の付け根(髪のはえ際)と肩先を結んだちょうど真ん中にあるツボです。
手を反対の肩の方に置いたとき、中指があたる位置を身体の中心に向かって押します。
頭だけでなく体の血行も促進。肩こりにもおすすめです。
 
・太陽(たいよう)
目尻とこめかみの中間にあるくぼみの部分が「太陽」です。
こめかみに近いので比較的わかり易いですが、こめかみより少し目尻寄りになります。
目に痛みを感じるようであれば、場所が違うので要注意。
頭痛、目の奥がジーンとするような眼精疲労におすすめです。
 
ツボ押しは筋肉の疲れをとり、また血行促進の上、リラックス効果も高まります。
押す力は、あくまでも自分が気持ちよく感じる程度が目安です!
 
頭痛を感じた時に、ご紹介したツボをいくつか押してみて、頭痛がやわらぐツボを探してみてはいかがでしょうか?
ぐりぐり押すのではなく、ゆっくり押し込むように3~5秒ほどしたら指を離します。
まずは1度に3回を目安にお試しください!
 
緊張型頭痛は、頭、首、肩周辺の筋肉の過度の緊張が原因で引き起こします。ドライヘッドスパ技術は「筋肉の緊張を和らげる効果」もあり、改善のお手伝いができる技術なのです。
 
お悩みの方は、施術を受けられてすっきり感をご体感していただくこともおすすめです(^^)
 
詳しくは → こちらのページをご覧ください(ドライヘッドスパページ)
 
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 
今後とも、浜田山エステサロンのとうとがなしを宜しくお願い致します(^^)
 

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります。無断使用、転載はご遠慮ください

ご予約はこちらご予約はこちら
3密