トップ > おすすめ記事 > 浜田山Style > 待機児童ゼロへの取組み

HAMADAYAMA

待機児童ゼロへの取組み

こんにちは、浜田山エステとうとがなしの重田です(^^)
 
今回の浜田山styleは、杉並区の待機児童問題についてです。
 
「子供が預けられないので、働けない・・」
 
実は、待機児童問題は深刻なのです。
 
28年4月の認可保育所への入所希望者数は過去最高の約4,000名となり、昨年を大きく上回る、残念な結果になったそうです。
 
そこで、杉並区は下記の取組みを始めています。
 
–quote
ニーズの高い認可保育所を中心に、これまでにない規模で保育所の整備を進めます
 
限られた期間で確実に整備を行うために、区立施設・用地の転用を図ります29年4月に『待機児童ゼロ』を達成します
 
引用元:待機児童解消緊急対策ページより
–unquote
 
私の職場(とうとがなし)は浜田山、自宅も杉並区で、ずっとこの町で暮らしていく、いち女性としてこの問題は他人事ではありません。
 
少しでも協力ができればと、とうとがなしで心ばかりですが、毎月売上の一部を寄付をさせて頂くことになりました。
 
“とうとがなし”という言葉は、故郷(奄美大島)の言葉で、“感謝(思いやり)”を表したり、神様に祈る言葉なのです。
 
少しでも待機児童が減っていく事をお祈りして、ご協力していきたいと思います(^^)
 
今後とも、浜田山エステサロンとうとがなしを宜しくお願い致します。
 

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります。無断使用、転載はご遠慮ください。

ご予約はこちらご予約はこちら
3密