トップ > おすすめ記事 > お知らせ > 正しい洗顔はできていますか?

NEWS

正しい洗顔はできていますか?

こんにちは、浜田山エステとうとがなしの重田です(^^)
 
本日は、正しい洗顔方法についてご紹介いたします♪
 
是非、お読みいただけたら嬉しく思います(^^)
 
早速ですが、洗顔の正しい方法を意外と知らない方が多いのではないでしょうか?
 
当店へご来店されるお客様に、どのような洗顔をされているかお伺いするのですが、皆様、独自の方法をされている方が多いのが現状です。
 
洗顔はスキンケア前の大事な工程です。
 
是非、正しい洗顔を心掛けて頂きたいです♪
 
これからお伝えする3つの間違った洗顔方法、特に気を付けてください (^^)
 
1. 冷水で洗っている
 
朝、目が覚めるからと、ついつい冷水で洗うこともあるかもしれません。
 
もしくは、毛穴が引き締まる感じがあるからといって、冷水で洗ったとしても、急激な冷えによる一時的な毛穴の引き締まりです。
 
冷水で急激に肌が冷えることで赤ら顔や乾燥の原因へと繋がります。
 
2. ゴシゴシさするように洗っている
 
ゴシゴシさすることは、摩擦へと繋がります。
 
摩擦が生まれることにより、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因となります。
 
ゴシゴシしなくても、汚れは落ちますのでご安心ください。
 
特に、乾燥しやすい目元や口元、頬は力を入れないように優しく洗うことが大切です。
 
3. タオルで擦(こす)るように拭いている
 
タオルの繊維は、洗顔時よりも摩擦を与えやすいため、洗顔に気を付けていても、タオルで気を抜くと意味がありません。
 
使い古しのケバケバしたタオルや、水滴を一滴たりとも残さまいと強く擦って拭くことで摩擦が生じ、乾燥の原因となります。
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
お肌の乾燥は、シミやシワ、くすみなどの原因へと繋がります。
 
正しい洗顔方法で基礎化粧品の浸透率も高まりますので、本日から意識して正しい洗顔を行うことをおすすめ致します(^^)
 
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♪
 
今後とも、浜田山エステサロンとうとがなしを宜しく願いいたします(^^)
 

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります。無断使用、転載はご遠慮ください。

ご予約はこちらご予約はこちら
3密