NEWS

2016.07.27

脳疲労について理解し、健康や美容への近道を見つけよう!(まとめ偏)

2016.07.27

おはようございます(^^)
 
本日は、いよいよ脳疲労についての最終記事となりました!
再度復習ですが、脳疲労とは、脳内にある脳幹、大脳辺縁系、大脳新皮質の3つが大きく関係しています。
 
その脳疲労に関係している脳幹、大脳辺縁系、大脳新皮質の働きはご理解できましたでしょうか?
 
まだ1部、2部の記事を読まれていない方は、3つの働きについてご紹介しておりますので、まずはそちらからお読みいただければ幸いです!
 
①脳疲労について理解し、健康や美容への近道を見つけよう!(脳幹偏)
 
②脳疲労について理解し、健康や美容への近道を見つけよう!(大脳新皮質・大辺縁系偏)
 
事前に読んでいただいている方は、有難うございます(^^)感謝♪
 
前置きが長くなりましたが、お待たせいたしました!いよいよ脳疲労についてまとめ編のご紹介です!
 
では、おさらい致します。
 
脳幹は、身体へ「指令」を出す働き。
 
大脳辺縁系は、「本能」の働き。
 
大脳新皮質は、「理性」の働きをしていることでご紹介いたしました。
 
現代人の生活において大抵の場合、本能の脳が理性の脳に支配されている形になっています。
その結果、適度なバランスがとれなくなってしまい脳幹のプログラムが破綻しはじめます。
 
そうすると脳幹から身体へ適切な指令が出せなくなり、この状態が続くと体の多くの部分が不調をきたすようになります。このような脳の状態を「脳疲労」といいます。
 
その脳疲労を改善する唯一の方法とは、質の良い睡眠をとることです!!
質の良い睡眠をとることで、私たちの体は疲労を緩和できるようにつくられているのです。
だから人間にとって睡眠は必要不可欠ということですね。
 
具体的に言いますと、睡眠の質が悪いと疲労が蓄積され、肩こりや頭痛、身体や精神的な不調へと繋がっていくのです。勿論、美容に関する不調にも繋がっていきます。
 
美容に関する不調とは、ずばりホルモンバランスです。ホルモンバランスや免疫は、脳幹から神経や血液を通して伝達されているからです。
 
つまり脳幹の働きは、健康や美をも左右する最も重要な機能ということになります。
 
ということは、まず司令塔である脳幹をしっかり休ませてあげることが、健康や美容への近道といえるのではないでしょうか。
 
「とうとがなし」でおこなっているドライヘッドスパは、もっとも重要な役割をしている脳幹に休息を与えるため、言わば質の良い睡眠をとることにより、脳疲労を改善することに基づいて編み出された手技をご提供しております。
 
脳に心地よい刺激を与えることは、脳に癒しを与え、深い眠りを導き、心身共に健康へと導いていきます!
疲れ切った脳を癒し、本来の正常な機能を回復させ、自分自身で健康になる力(自然治癒力)を取り戻しましょう!
是非、健康や美容のためにも、 認定ヘッドマイスターのドライヘッドスパを取り入れてみてはいかがでしょうか?
 
本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 
今後とも、浜田山のエステサロンとうとがなしを宜しくお願い致します(^^)
 

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります 無断使用、転載はご遠慮ください

ご予約・お問い合わせはこちらご予約・お問い合わせはこちら