NEWS

2016.08.27

化粧水の役割とは?_浜田山エステとうとがなし

2016.08.27

こんにちは、浜田山エステとうとがなしの重田です(^^)
 
本日は、スキンケアの基本中の基本、「化粧水」のお話と伴に、当店が取り扱っているビエスト化粧品のプラチナウォーターがなぜ良いのかをご紹介いたします。
 
このコラムをご確認頂いている皆様も、化粧水の役割がお肌にとってどれだけ重要かはご理解頂いているかと思います。
 
植物で例えると、土(肥料)に全く水分量がないパサパサな状態で、植木鉢にいきなり活力剤を放り込んでも植物が元気になることはありません。
 
土に一定の水分量があることで活力剤が充分に吸収でき、植物は元気になります。
 
要するに化粧水は、肌にしっかり栄養分を与える美容液(活力剤)を活かす為に、重要な役割を担っているという事です。
 
そして同じ化粧水でも、使用するのであれば、肌改善ができ、且つ安心して使用できる化粧水を使用したいものですね(^^)
 
そこでビエスト化粧品のプラチナウォーターを、当店ではオススメしております。
 
プラチナウォーターは、名称の通りプラチナ(白金ナノコロイド)が主成分となっており、マイナスイオン還元性水をベースにしている化粧水です。
 
このマイナスイオン還元性水は、通常の水よりも肌へ馴染みやすく、潤いを与え、尚且つテクスチャーを小さくした水なのです。
 
ということは、隅々まで瞬時に水分を行き渡らせることができ、潤いに満ち溢れたお肌となり、次に使用する美容液が入りやすい状態をつくります。
 
また電気分解にて得たマイナスイオンを多量に含み、PH12.0±0.5を示すアルカリ性であることから、防腐剤フリーも実現でき、敏感肌も含め、肌タイプを選ばず安心して使用できます。
 
ここで、アルカリ性って肌に良いの?って疑問に思われますよね(^^)??
 
実はここが重要なのですが、私たちの肌は弱酸性がベストな状態であり、このマイナスイオン還元性水を使用する事で、肌に潜在的に備わっている「アルカリ中和能」を刺激します。
 
簡単に言いますと、皮膚表面に弱アルカリ性のものが触れてもすぐに弱酸性に戻す働きが刺激され、強制的に肌表面に弱酸性物質が分泌されます。
 
これにより、朝晩2回のスキンケアを行う事で、強制的に赤ちゃん肌のように、プルプルな弱酸性肌をつくっていく事が可能となっております。
 
そして、主成分は下記の通りです。
 
白金ナノコロイド
 
白金(プラチナ)は酸化されない為、半恒久的に反復して全ての種類の活性酸素を除去できる優れた抗酸化効果が得られます。
 
私たちの肌トラブルの原因は、活性酸素が主な原因と言われており、それを全ての除去できるのは白金だけなのです。
 
チオクト酸(a-リポ酸)
 
紫外線によるダメージを低下させ、シミやシワの改善効果が認められています。
 
さらに、皮膚の血液循環を改善し、開いた毛穴を小さくしてキメ細かな肌に作用する効果があります。
 
フラーレン
 
皮膚組織へのラジカル(活性酸素を含む人体に有害な活性分子)の攻撃を止め、皮膚の細胞死を防御するアンチエイジング効果と、メラニンの過剰生成を抑えるホワイトニング効果があり、その効果は、代表的抗酸化成分ビタミンCの125倍といわれています。
 
マイナスイオン還元性水をベースにこれらの有効成分をバランスよく配合する事で、下記のような効果が得られます(^^)
 
・肌トラブル全般を改善します
 
・殺菌作用も強いので、ニキビにも効果的です
 
・肌のターンオーバーを促進します
 
・毛穴をギュッと引き締めます
 
・すべての肌質の方にご使用いただけます
 
・抗酸化成分がお肌を若々しく漲らせます
 
一本の化粧水ですが、こだわった水と、厳選された有効成分によりこれだけの効果を実感していただけます。
 
残念な事に市販で売られている1000円~2000円のような安価な化粧水では同じ効果はまず得られません。
 
何故、プロユース化粧品が世の中に存在して、サロンで活用されているかは、その効果が有るか無いかに尽きます。
 
今日はスキンケアの基本、「化粧水」のお話と、プラチナウォーターについてお話させて頂きました。
 
また引き続きビエスト化粧品について、一つ一つ解り易くご説明させていただきますのでお楽しみにっ(^^)
 
プラチナエッセンス(美容液)の記事は → こちらから
 
プラチムモイスト(クリーム)の記事は → こちらから
 
本日も最後まで、お読みいただきありがとうございました!
 
今後とも、浜田山エステサロンとうとがなしを宜しくお願い致します(^^)
 

Webサイト上の文章・画像等の著作権は全てとうとがなしにあります。無断使用、転載はご遠慮ください